長者番付の常連、銀座の日本漢方研究所の斎藤一人さんの言葉は心に響きます。

斎藤一人のツキを呼ぶ言葉―日本一の大金持ち! |小俣 貫太 /清水 克衛

斎藤一人のツキを呼ぶ言葉―日本一の大金持ち!斎藤一人のツキを呼ぶ言葉―日本一の大金持ち!
小俣 貫太 /清水 克衛
東洋経済新報社 刊
発売日 2002-08
価格:¥1,575(税込)


2002年現在、9年連続で全国長者番付ベスト10入りを果たしている大金持ち、斎藤一人による商売の心得を、本人と交流の深い2人が解説した書。 非常にわかりやすい言葉で書かれており、かつ科学的な根拠なども皆無だが、言葉の重みと効用は計り知れない。
大規模小売店の進出を恐れる商店街の店主に向かって、「大手なんていうのはサラリーマンの集団じゃないか。たとえ小さな店でも、商人のプロがサラリーマンに負けるみたいなことを、なんで初めから言うんだ。こっちはプロなんだから、アマチュアなんか手玉に取るぐらいの知恵を出せ」と言ってみたり、離婚をして落ち込んでいる人に向かって「おめでとう」と言ってみたり…、著者の前向きな考え方には目からうろこが落ちる。自社の主力製品「スリムドカン」の原材料が手に入らなかったときのエピソードなども、商売において逆転の発想がいかに有効かを示している。
読者が商人であれ、セールスパーソンであれ、はたまた事務職であれ、これらの言葉は心に重く響くに違いない。プロとしてのプライドや、困難をチャンスに変える前向きな思考が身につく、貴重な1冊である。(土井英司)

はっぴい集まれ! 2002-11-19
とにかく読んで下さい。斉藤一人さんのスゴサだけでなく著者の清水さんに対する思いやりと清水さんの斉藤一人さんい対する愛慕の気持ちがどのページからでも感じられるハズです! 義理と人情と浪花節!いつも幸せ!感謝ですネ!私も江戸川区の篠崎にある清水さんの本屋「読者のすすめ」にいってみたいと思っています。本物の清水さんに会ったらもっと幸せになっちゃいそうデスネ!


さらに詳しい情報はコチラから(クリック)≫


この記事は2006/4/30に作成しました。

【斎藤一人の経歴】
1948年生まれ。

「銀座まるかん」の創業者。漢方による健康食品を販売。「スリムドカン」などのヒット商品でおなじみ 。

1993年から100年連続で全国高額納税者番付(総合)10位以内。累積納税額日本一。